プリントクリエイター

フォームクリエイターの画面説明

ログイン画面

ログイン画面
  • メールアドレスとパスワードを入力してログインします。メールアドレスはお申込み頂いたメールアドレスです。パスワードは初回ログイン時に設定したパスワードです。
  • パスワードを忘れた場合は、ログイン画面の「パスワードを忘れた方はこちら」をクリックし、画面の指示に従って操作してください。ご登録のメールアドレスにパスワード再入力画面へのURLが案内されます。
  • ログイン画面で使用するメールアドレスは、フォームクリエイターから送信される各種メールの宛先に利用されます。フォーム投稿時にエラーが発生した場合や、kintoneアプリとフォームクリエイターのフォームが同期していない場合等に、必ず、フォームクリエイターからこのメールアドレスにメール送信されます。
    エラーメールの送信先の変更は、「ホーム画面」の「個人情報の変更」から行ってください。詳しくは「ホーム画面について」を参照してください。
  • 「ログイン状態を維持する」にチェックをつけてログインをすると、ログイン状態を1年間維持できます。その場合、フォームクリエイターを終了させるときはログアウトしないで、ブラウザーを終了させてください。ログアウトするとログイン状態の維持が無効になります。

ホーム画面

ホーム画面/
  • ログイン後、「ホーム」画面に移動します。ホームの右上にユーザー名が表示されます。これにマウスポインタを重ねると「個人情報の変更」「パスワードの変更」「お問い合わせ」「ログアウト」のメニューが表示されます。
  • 「個人情報の変更」は、ログイン時のメールアドレスとホームの右上に表示されるユーザー名を変更できます。ここで変更したメールアドレスに対して、フォームクリエイターからエラーを含む各種メールが送信されます。
  • 「パスワードの変更」は、ログイン時のパスワードを変更できます。
  • 「お問い合わせ」は、Webメールのフォームです。フォームクリエイターの操作に困った時のご質問やプラン変更依頼等にご使用ください。
  • 「ログアウト」は、フォームクリエイターからログアウトします。「ログイン状態を維持する」場合はここから終了しないで、ブラウザを閉じて終了させてください。
  • フォームクリエイターのロゴをクリックすると、いつでもホームに戻れます。
  • 「差異チェック」は、作成したフォームとkintoneアプリ間に差異がないかチェックします。差異がある場合は画面に表示されますので、画面の指示に従ってください。
    差異チェックは、ログイン時と差異チェックをクリックした時に行われます。
  • 「システム」は、kintoneとフォームクリエイターを連携させるための設定を行います。cybozu.comにログインする時のログイン名とパスワードの他に、BASIC認証、セキュアアクセス、APIトークンに対応しています。
    APIトークンとユーザー認証は同時に利用できません。
    cybozu.comのセキュリティ設定にてIPアドレス制限を行っている場合は、「54.65.79.181」からのアクセスができるように設定を追加してください。
    システムに 青い雲の表示は、kintoneとの接続設定が正常であることを示しています。
    システムに 赤い雲の点滅表示は、kintoneとの接続設定が異常であることを示しています。システム設定をご確認ください。
    システムに 灰色の雲の表示は、APIトークンを利用していることを示しています。
  • 「フォームを作成する」をクリックするとフォームを作成できます。
  • 画面最下部のバージョン番号をクリックすると、バージョンアップ情報を確認できます。
  • 公開または非公開をクリックすると、「フォームの公開/非公開」を設定できます。公開状況の初期設定は「受付しない」かつ「フォームの受付期間を設定しない」です。「フォームの設定」からも変更できます。
  • 「kintone:」のURLをクリックすると、kintoneアプリへ移動します。
  • 「公開URL:」のURLをクリックすると、フォームへ移動します。
  • コピーでフォームをコピーできます。設定内容もコピー元と同じになり、フォーム名称には「コピー_」が付されます。
  • デリートでフォームを削除できます。削除する前に削除確認画面がポップアップされます。
  • 移動をドラッグ&ドロップしてフォームの位置を移動できます。
  • 1画面にフォームは20まで表示されます。20を越えると古いフォームから次のページへ移動します。ホーム画面下部にページリンクが表示されますので移動したいページをクリックできます。フォームのページ間移動はできません。
  • 「+下書きを作成」をクリックすると下書きのフォームが生成されます。
  • 「編集中」は現在下書きが存在していることを意味します。
  • 「編集中」は「フォームの編集」「デザインの変更」「フォームの設定」「高度な設定」「入力/完了画面」で下書き用フォームの編集ができます。
  • 「確認URL」で、編集中のフォームを確認することができます。
  • 「公開用に適用する」をクリックすると、編集した下書きフォームを公開用フォームに適用します。
  • 「公開用に適用する」の右横×マークで、下書きを削除できます。

フォームの作成画面

フォームの作成画面
  • フォームを作成するには、システムに登録したユーザーが、登録するkintoneアプリのレコード閲覧・追加権限を有している必要があります。
  • 「ヘルプ」をクリックすると「kintone選択時のエラー一覧」を確認できます。
  • 「kintoneアプリのURL」は、「https://○○○.cybozu.com/k/○○○○○○」のようにアプリIDを含むURLをコピー&ペーストで貼り付けてください。
  • ゲストスペースのスレッド内アプリのフォームも作成できます。「kintoneアプリのURL」に「https://○○○.cybozu.com/k/○○○/guest/○○○/○○○」のようにスレッド内アプリのURLをコピー&ペーストで貼り付けてください。
  • 「フォーム名称」は、フォームクリエイター上でフォームを管理するための名称になります。「フォームの設定」で編集できます。
  • 「受付タイトル名」は、Web公開する受付ページの最上部に表示されるタイトルになります。「フォームの設定」で編集できます。
  • 「登録する」をクリックすると「フォームの編集」画面へ移動します。

フォームの編集画面

フォームの編集画面
  • 「ヘルプ」をクリックすると「フォームの制限」を確認できます。
  • 各フィールドをドラッグアンドドロップして、上下の配置を入れ替えられます。
  • 「kintoneと同期する」は、kintoneアプリとフォームクリエイターで作成したフォームの同期をとります。フォームにフィールドを追加削除する場合は、kintoneアプリを修正後、フォームクリエイターと同期をとってください。kintoneと同期すると、「追加したフィールドはフォームの最下部に表示」され、「フォームクリエイターで × マークを使って削除した項目は戻りません」。
  • ラジオボタンまたは「必須項目」に設定したフィールドは 必須 マークがつきます。
  • kintoneのフォームに配置したフィールドを「必須項目」に設定していない場合かラジオボタン以外の場合は、各フィールドの右側 歯車 マークに加えて、 × マークが表示されます。 × マークが表示されているフィールドは削除できます。この場合、フォームクリエイターのフォームからフィールドが削除されるだけで、kintoneのアプリのフィールドは削除されません。
  • 歯車 マークをクリックすると、フィールドのフィールド名の追加、補足説明の追加、返信メールの設定、入力文字種制限、フィールドの非表示登録の設定を行えます。詳細は「フォームの制限」を参照してください。
  • 「自動計算する」を設定したフィールド(文字列(1行)、数値)は、フォームクリエイターのフォームに表示されません。
  • 「ラベル」でフォームに説明文を追加できます。リッチテキストに対応しています。
  • 「罫線」でフォームに罫線を追加できます。9種類の罫線から選択できます。
  • 設定変更は即時反映されます。公開中のフォームの場合は、一旦、非公開にしてから修正することも考慮してください。

デザインの変更画面

デザインの変更画面
  • デザインは7種類から選択できます。
  • フォーム名の表示位置を3種類から選択できます。
  • フォーム投稿時にクリックする「確認する」と「登録する」ボタンのデザインを変更できます。
  • 設定変更は即時反映されます。公開中のフォームの場合は、一旦、非公開にしてから修正することも考慮してください。

フォームの設定画面

フォームの設定画面
  • 設定項目にある i マークにマウスポインタを重ねるとヘルプが表示されます。
  • 「フォーム名称」は、フォームクリエイターで管理するための名称です。
  • 「受付タイトル名」は、公開するフォームの最上部に表示されるタイトル文言です。デザインの変更でタイトルを表示しないこともできます。
  • 「タイトルタグ名」は、公開するフォームのタイトルとファビコンを設定できます。ブラウザーのタブなどに表示されます。ファビコンは32x32ピクセルで10Kbyteまでのjpg,png,gifファイルに対応しています。
  • 「公開の設定」は、「フォーム受付の設定」と「フォーム受付期間」を設定できます。ホーム画面からも設定できます。
  • 「フォーム受付の設定」は、フォーム公開/非公開の設定をします。「受付しない」を設定すると、フォーム受付期間を設定できます。
  • 「フォーム受付期間」は、フォーム受付の設定を「受付する」に設定した場合に利用できます。フォームの公開スケジュールを設定できます。公開開始日時または、公開終了時のどちらかでも指定できます。
  • 「入力内容の確認表示」は、ユーザーがフォーム登録する際に、ユーザーの入力内容を表示する有無を設定できます。
  • 「登録時のメール通知」は、フォームからkintoneに登録があった場合、登録内容を含んだメールをあらかじめ設定したメールアドレスに送信します。メールアドレスをカンマ区切りで登録すると複数に送信できます。
  • 「自動返信メールの設定」は、フォームに登録頂いたメールアドレスに対して自動返信メールを設定できます。「フォームの編集」の文字列(一行)のフィールドの 歯車 マークをクリックし、「自動返信先のメールアドレスに設定する」をクリックします。自動返信メールには、ユーザーが入力した内容をコピーできます。文字コードは「フォームの言語設定」で変更できます。
  • 「登録する」は、フォームの設定が完了したらクリックします。設定が反映され、ホーム画面に戻ります。

高度な設定画面

高度な設定画面
  • 設定項目にある i マークにマウスポインタを重ねるとヘルプが表示されます。
  • 「高度な設定」は、プレミアムコースをご契約の場合に利用できます。
  • 「フォームの言語設定」は、フォームの表示言語を「日本語・英語・中国語」から選択できます。「自動返信メールの設定」で使用する言語も本設定が反映されます。
  • 「入力文字種制限」は、文字列(一行)にて入力できる文字種を制限できます。例えば、電話番号を入力頂く場合は「半角数字」の入力制限を行います。メールアドレスなら「半角英数字(記号を含む)」を選択してください。
  • 「フィールドの非表示登録」は、フィールドを非表示にし、登録するデータを決め打ちにできます。利用例はこちらを参照してください。
  • 自動採番機能は「フォームの非表示機能」にチェックし、ドロップダウンで「自動採番」を選択して、「基準値」と「間隔」を設定するだけで簡単にご利用いただけます。
  • 「登録認証機能」は、ユーザーが認証しないとフォームにアクセスできなくなります。フォームクリエイターのフォームを外部HTMLに設置する場合は利用できません。
  • 「IP利用制限」は、特定のIPアドレスを排除するか許可するか選択できます。IPアドレスはカンマで区切ることで複数の設定が可能です。フォームクリエイターのフォームを外部HTMLに設置する場合は利用できません。
  • 「Googleアナリティクス」は、Googleアナリティクスと連携して、高度なトラッキングを行いアクセス分析を行えます。
  • 「登録する」は、高度な設定が完了したらクリックします。設定が反映され、ホーム画面に戻ります。

入力/完了画面

入力/完了画面
  • 設定項目にある i マークにマウスポインタを重ねるとヘルプが表示されます。
  • 入力完了時の画面にワンポイントとして表示する画像を選択できます。画像は標準アイコン5種類またはオリジナルファイルをアップロードしてください。
  • オリジナルファイルは最大1MBのサイズのjpeg(CMYKを除く)、png、gifファイルを利用できます。
  • 登録完了時に表示するメッセージを設定できます。「完了メッセージの内容」を編集してください。この時「戻る」ボタンのリンク先を指定できます。または、戻るボタンを表示しないこともできます。戻るボタンを表示しない場合は、リダイレクトURLの指定が必須になります。
  • フォーム非公開時または、フォームの受付期間が終了したためにフォームを受け付けられない場合に表示する画面を設定できます。
  • 非公開時/受付終了時の画面にワンポイントとして表示する画像を選択できます。画像は標準アイコン5種類またはオリジナルファイルをアップロードしてください。
  • オリジナルファイルの制限、メッセージの変更などは入力完了時の画面の設定と同じです。

コードの表示画面

コードの表示画面
  • フォームクリエイターで作成したフォームにアクセスするためのURLなどを表示する画面です。
  • 「URLリンク」は、フォームクリエイターのサーバをそのまま利用してフォームを表示します。自分でWebサーバを設定しなくても簡単にフォームを公開できます。URLリンクとQRコードを生成しますのでどちらからでもアクセスできます。QRコードは、スマートフォンまたは携帯電話からフォームを利用するのに便利です。
  • 「Iframe用の埋め込みコード」は、自社で公開してるWebページに、フォームクリエイターで作成したフォームを埋め込むのに便利です。
  • 「外部サイトに設置する」にチェックをつけると、フォームのHTMLコードが表示されます。その後、受付するWebサイトのURLを貼り付けてください。ここで登録したWebサイトからの通信のみをフォームクリエイターは受け付けます。
  • HTMLコードに「CSS」「javascript」「Googleアナリティクスのコード」等を付加できます。
  • 「コードの表示」機能で出力したHTMLコードを利用する場合は、Webサイトの文字コードを「utf-8」としてください。
    文字コード設定例)
    <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />
  • 「外部サイトに設置する」にチェックを入れた場合、「URLリンク」「iFrame用の埋め込みコード」の動作に問題を起こすことがあります。「外部サイトに設置する」とその他の運用を併用しないようにご注意ください。

ログの出力画面

ログの出力画面
  • フォームクリエイターのログを表示またはCSVダウンロードできます。
  • ログの表示期間を指定して表示またはCSVダウンロードできます。
  • kintoneの登録関連のみ指定してログ表示またはCSVダウンロードできます。
  • ログの保存期間は2か月です。

APIトークン利用時のシステム接続画面

APIトークン利用時のシステム接続画面
  • APIトークンを利用する場合は、システム接続画面で認証の種類から「APIトークン」を選択してください。
  • APIトークンとcybozu.comのセキュリティで設定したBASIC認証を同時に利用できます。
  • APIトークンとcybozu.comのセキュリティで設定したクライアント証明書は同時に利用できません。

APIトークン利用時のフォームの作成画面

APIトークン利用時のフォームの作成画面

新規作成するWebフォームのAPIトークンは、フォームの作成画面で貼り付けてください。

APIトークン利用時のフォームの設定画面

APIトークン利用時のフォームの設定画面

ユーザー認証を利用して作成していたWebフォームをAPIトークン利用に変更する場合は、フォームの設定画面でAPIトークンを貼り付けてください。