フォームクリエイターからのフォーム情報出力機能と、
フォームブリッジへの読み込み方法

フォームクリエイターから後継サービスであるフォームブリッジへの移行にあたって、手間を削減するため移行のための機能を実装しております。是非ご利用くださいませ。フォームブリッジのアカウントをお持ちであることを前提に説明を行っておりますので、お持ちで無い方はこちらからお試しのお申込みをお願いします。設定手順の4番まで済ませた後、下記手順の実行をお願いします。

操作手順

1.こちらからフォームクリエイターにログインします。

2.各フォームの右端に新機能として「出力」が実装されています。これをクリックします。

3.ブラウザに注意書きが出ますので、「OK」をクリックし、テンプレートファイルを出力します。zip形式でダウンロードされますので、解凍せずに保存してください。
※ブラウザがSafariの場合、デフォルトの設定では自動的に解凍してしまいます。Safariの設定を変更するか、別のブラウザでの操作をお願い致します。

4.こちらからフォームブリッジにログインします。

5.「フォームの作成」をクリックし、作成画面に進みます。

6.フォームの作成画面で「インポートして作成」へ進みます。

7.kintoneアプリのURLとAPIトークンを入力します。APIトークンの生成に関してはこちらをご覧ください。

8.次にテンプレートをインポートして、フォームのタイトルを決めます。この後保存すれば、フォームの作成自体は完了です。

テンプレートで引き継げる情報

  • フィールドの並び順
  • フォームの非表示設定
  • ラベル情報
  • フォーム名称
  • 受付タイトル名
  • 入力内容の確認表示
  • 自動返信メールの設定
  • IP利用制限 で、「特定利用」をしているときだけ、設定を引き継ぐ
  • 「完了メッセージの内容」

※注意事項
自動返信メール内へ引用するフィールドとして「添付ファイル名」「リッチエディタ」は非対応となっております。

フォームクリエイターユーザーのための個別相談会