基本機能の紹介

4タイプのフォーム出力機能

作成した登録フォームは以下の4つ方法で利用することが可能です。

4タイプのフォーム出力機能

kintone連携機能

フォームの項目は、kintoneよりワンクリックで取得するので、フォームクリエイター側での登録は一切ありません。

フォーム調整機能

  • 登録フォームに、登録の注意点などの説明や、罫線などをつけることができます。
  • 登録していただく順番等も入れ替えることができます。
フォーム調整機能

フォームデザイン変更機能

フォームのデザインを予め用意している7つの中から選ぶことができます。イメージに合わせた受付ページを簡単に選択いただけます。

フォームデザイン変更機能

公開期間の管理機能

フォームを公開する期間を管理することができます。

公開期間の管理機能

自動返信メール機能

登録いただいたメールアドレスに、自由にカスタマイズしたメール内容を返信することができます。

自動返信メール機能

確認用再入力フィールド機能

2つのフィールドの入力内容が同一かチェックする機能です。メールアドレスの入力チェック等にお使い頂けます。自動返信メール機能との組み合わせも可能です。

確認用再入力フィールド機能

下書き編集機能

公開中のフォームを変更することなく、下書きとしてフォームの編集をすることができます。

下書き編集機能

アクセスログ管理機能

フォームにアクセスしているログを収集し、CSVファイル形式で出力ができます。

※ログの保存期間は、2ヶ月となります。
アクセスログ管理機能

フォームの端末自動表示調整機能

レスポンシブWebデザインであらゆる大きさのブラウザーに最適なサイズで表示します。

4タイプのフォーム出力機能

高度な機能の紹介

入力文字種制限機能

  • 文字列(1行)パーツに対し、5種類の文字種を制限することができます。
  • 電話番号やURL、会員番号など、正確に登録していただきやすくなります。
  1. 半角英数字(-/(),.:など記号を含む)
  2. 半角英数字
  3. 半角数字
  4. 全角数字
  5. 全角(半角以外)
高度な機能の紹介

フォームの非表示機能

  • 任意のパーツを非公開にし、事前に設定したデータをkintoneに登録することができます。
  • 一つのkintoneのアプリに対して、複数の利用シーンで異なるフォームを用意してデータの登録ができるので、複数セミナーの一元管理や複数製品の問い合わせ管理などにもご利用いただけます。
  • 自動採番機能により、フォームから入力されたデータを固有に管理いただけます。
フォームの非表示機能

ログイン認証機能

  • フォームを登録する前にIDとパスワードを確認する機能になります(画面参照)。
  • クローズで行いたいアンケートや特典付きの募集などにご利用いただきやすくなります。
ログイン認証機能

IPアドレス制限機能

  • 特定のIPアドレスからのみ、アクセスできるようにすることや、特定のIPアドレスをアクセスできなくすることができます。
  • 特定のIPアドレスからのアクセスに制限することで、社内からのみ登録できる匿名式のアンケート等に利用することができるようになります。
IPアドレス制限機能

アクセス分析機能

グーグル アナリティクスと連携して、高度なトラッキングを行い、分析ができるようになります。

アクセス分析機能

フォームの言語設定機能

フォームの言語を日本語の他に、英語・中国語に設定できます。

フォームの言語設定機能

Javascript/CSS読み込み機能

JavascriptやCSSを読み込むことによって、動きのあるフォームやデザインの適用されたフォームを作成することができます。

Javascript/CSS読み込み機能

安心運用サポート

安心運用サポート
  • kintoneのフォームを変更したためにフォームクリエイターから登録ができなくなった。
  • フォームクリエイターのユーザーがkintoneのパスワードを変更したため、登録できなくなった。
  • kintoneアプリの管理権限の変更を行なったため登録ができなくなった。
  • kintoneのバージョンアップによる仕様変更の影響により、登録ができなくなった。

など、フォームクリエイターを利用中に発生する、kintoneとの接続エラーなどを監視し、エラーの報告と改善方法などの対策を2営業日以内に連絡いたします。

新フォームサービス フォームブリッジ